青汁を飲んではいけない人もいる?

青汁は飲めない人もいるから注意…

現代人は野菜不足の人が多いと言われています。
確かに、一人暮らしだと
外食やコンビニなどのお弁当などが多く、
しっかりと野菜が摂れていない
という人も多いでしょう。

 

そんな人にお勧めできるのが青汁と言われています。
ですが、
青汁ってすごく青臭かったり、
“とても飲めるものではない…”
という人も少なくありません。

 

“青汁さえ摂っていれば大丈夫…”

 

そんな風潮さえ感じますが、
実は、青汁を摂ってはいけない人
というのもいます。

 

青汁を摂ってはいけない人

青汁は栄養を補給するのに万能であるかのように感じている人もいるかもしれませんが
実は青汁は以下に該当する人は飲んではいけません。

 

人工透析をしている人

人工透析をしている人は
腎臓の機能が衰え、
カリウム、リン、ビタミンAを排出する力
が弱っています。

 

ですが、青汁には
それらの栄養素が含まれているため
逆に、
高カリウム血症、カリウム中毒
を起こす危険性があります。

 

 

ワーファリンを服用している人

ワーファリンは
血液が固まりやすくなるのを防ぐ
ためのもので
心臓や血管の病気で
血液が固まりやすい状態になるのを防ぐ
ために服用しますが、

 

青汁にはビタミンKという
血液凝固成分に関係する脂溶性のビタミンが多く含まれていて
血液を固まりやすくしてしまいます。

 

つまり、青汁を飲むと
ワーファリンの
血液が固まるのを抑える作用を邪魔
してしまうことになります。

 

 

甲状腺に異常がある人

青汁のケールに含まれる
イソチオシアネート類は
甲状腺ホルモンの合成を阻害します。

 

上記に当てはまらない人には
青汁はとても健康にいいものです。

 

 

デザート感覚として食べる健康管理食

大きな病気にならないようにするには、
普段からの体調管理が大切です。

 

ダイエットを気にしながらも
デザートを食べてしまっている…

 

 

なんていうのであれば、
そのデザートを
野菜の栄養素が摂れるもの
に変えてみてもいいかもしれませんね。

 

【商品紹介】

今の食生活を続けていて、
ずっと家族を守れますか?

 

 

>>健康年齢を下げる!美味しく野菜不足を解消できる商品