野菜不足って、どういう定義?

野菜不足とはどういうこと?

野菜といっても様々な種類があります。
健康を考えると、理想は
それらをまんべんなく多くの種類を食べることです。

 

しかし、そんなことは
なかなかできることではないでしょう。
実際に、
一人暮らしの方は男性だけでなく女性であっても
数種類どころか、
ほとんど野菜を食べないでいる人
もいるかもしれません。

 

ですが、ほとんど野菜を食べないからといって
すぐに病気になったり、体調を損ねる
というわけではありません。
逆に野菜を摂ったからといって
何かの疾患が治るというものでもありません。

 

そのあたりが
野菜不足になるゆえんではないかとも思います。
つまり、野菜不足になると
すぐに病気になったり、
体調が著しく崩れるというものであれば、
すぐに対処できるわけです。

 

ですが実際は少々野菜不足であっても
特に体調を崩すこともないでしょう。

 

また、野菜不足という言葉もあいまいな定義です。
何をもって野菜不足というのでしょうか。
厚生労働省の推奨する
“1日の野菜の量である350g
を摂っていなければ野菜不足である”

というわけではありません。

 

このようなことから、
野菜不足をあんまり深刻なものとしてみない
のではないのでしょうか。

 

ですが、野菜不足を馬鹿にしていると
将来的にいろいろな不調が出てくる可能性
があります。
大病になる前にちゃんと予防しておくのがいいでしょう。

 

【商品紹介】

今の食生活を続けていて、
ずっと家族を守れますか?

 

 

>>健康年齢を下げる!美味しく野菜不足を解消できる商品