野菜不足が招く肥満・・・太るとどうなる?

野菜不足は肥満の元、そして全ての病気の元

野菜不足になるとどうなるのでしょうか。
すぐにどうかなる、といったものではありませんが、
野菜をあまり摂らないでいると

 

・便秘
・肌荒れ
・肩こり
・高血圧
・動脈硬化
・糖尿病

 

などの元になると言われています。

 

当然、食物繊維も不足しやすく、腸内環境も乱れやすくなり、
代謝も悪くなって肥満になりやすくなります。

 

肥満というと、ただ見た目だけの問題ではありません。
肥満はいろいろな病気の元になりかねません。

 

そもそも肥満であって健康というのはほとんど稀なことです。
何かしらの異常があるから、肥満になるといって過言ではないでしょう。

 

ただ周りからデブ呼ばわりされるだけならまだいいでしょう。
中には痩せている人より太っている人の方が癒されるのでいい
といった意見もあります。

 

ですが、健康上のことを考えると、
太っていていいわけがないのです。

 

高血圧、糖尿病、動脈硬化…などといって症状は
肥満であることと無関係ではありません。

 

また女性であれば、妊娠中に体重が増えすぎるのもよくありません。
妊娠中に太りすぎてしまうと、いわゆる妊娠中毒症になると言われています。
妊娠していてもある程度のダイエットは必要です。
ですが、かといって過剰なダイエットも当然よくありませんので、
妊娠する前から正常体重に近づける努力はしておくべきでしょう。

 

【商品紹介】

今の食生活を続けていて、
ずっと家族を守れますか?

 

 

>>健康年齢を下げる!美味しく野菜不足を解消できる商品